お気軽にお問い合わせください!

子どもと保育者の「あそび の まなびば」

Arte colore

OCT

13

2019

保育関連

こども芸術学院 “記録”の授業「伝えるを楽しもう!」

DSCN0824アルテコローレの桐嶋です。
先日、名古屋の保育士養成スクール子ども芸術学院でのアートプログラム授業を担当させていただきました。

FullSizeRender 126今回の授業では、アルテコローレで子ども達の姿を写真撮影している記録担当の酒井が、生徒のみなさんにお話する場面がありました。

FullSizeRender 125保育園、幼稚園では、保護者さんへの情報発信として、写真、お便り(その種類も様々!)、お帳面、ブログ、ドキュメンテーション、懇談会などなど・・・様々な方法で発信を行うことがあります。

家庭に代わって子ども達の成長を支える場であることから、ICT化が進んでも、決して変えてはならないのはやはりひとりひとりの子どもの姿を、ひとりひとりの保護者さんに「伝える」ということ。

そのためには子どもとの関わりも、保護者さんとのコミュニケーションも、どちらも大切にしなければならない部分だと思います。

保育士さんや園から伝える情報があることによって、保護者さん達の安心や理解に繋がるのですし、ご家庭も“園任せの育児”とはならないはずなのです。

現役の保育士さんの中には、保護者さんに伝えるのが面倒だとか、業務として発信することが負担だとか考えている方もいて、残念に思います。
子どもと関わり、子どもの成長をご家庭と共に支えていく仕事だからこそ、視点を変えればいちばんやりがいを感じられるところではないか!と思ったりします。

IMG_4030だから、酒井が日常的にどんな視点で写真を撮っているのかや、保育の他にもこんな仕事をしているよというお話をさせていただきました。
少し番外編かもしれませんが、アートプログラム授業で様々な講師陣の方から、様々な学びを得ているこども芸術学院の学生のみなさんにとっては、これからの新しい保育のかたちの参考になることもあると思います。

IMG_4031保護者さんに「伝えずにはいられない!!」「教えたい!!」「知ってほしい!!」とウズウズしてしまうような、そんな子ども達との関わり方ができるように。
どんなふうに伝えたら、保護者さんも一緒に子育てしている気持ちになれるのか。家庭との子育ての連携ができるのか。
今回の授業では、そんなことを座学とワークで生徒さん達に考えていただきました。
この授業の続きは今月末にもあります。

こども芸術学院では、来年度入学生を募集中です!
12月の体験入学講座をアルテコローレの桐嶋が担当させていただきますので、高校生、社会人、主婦のみなさん、保育士資格、幼稚園教諭免許取得をご検討のみなさんは、気軽にご参加くださいね!
032af24a2629918f0771bda32e0bbf60
詳しくはこども芸術学院HPをご覧ください!http://www.caa-kodomo.jp/

お問い合わせ・申し込み

TEL: 090-4445-9393
MAIL: info@arcolo2011.com
LINE: @tmd3411d (@を忘れずに^^)
スマホからメールをご送信の方は、アルテコローレからのメールが受信できますよう受信設定をお願いいたします。

school_2018_2-01