お気軽にお問い合わせください!

絵本屋さんがある アートスクール

Arte colore

DEC

07

2016

保育園での活動

四季の木をつくろう / 刈谷ゆめの樹保育園

DSC08230

先日、刈谷ゆめの樹保育園での活動でした☆

今回の活動テーマは、「四季の木をつくろう」でした。

DSC08186

イタリアのグラフィック・デザイナーであり絵本作家でもある、イエラ・マリの字のない絵本。邦題は「木のうた」と言います。

これを子どもたちに見てもらいながら始まりました。

DSC08182

そしてもう1つ、このプログラムの中で使った色は、すべて日本の伝統色の和色です。

15259761_1205950856107935_9212778720388745543_o

事前にアルテコローレのラボでは、こんなふうに準備を行っていました。

和色チャートを作り、1色ずつ調色して16色をつくりました。

もともと自動車や2輪車の塗装や調色の仕事を長くやっていた経験がある私きりしまですが、自動車塗装の調色はなかなか難しく、面白いものでしたよ〜!

DSC08222

日本の和色にもたくさん色があって、それぞれの名前が面白いのです♪

例えばこれは、ピンク系の色に見えますが、名前は「虹色(にじいろ)」と言います。

どんな色があるのか知りたい方は、こちらの和色大辞典を見てみてくださいね♪ http://www.colordic.org/w/

DSC08193

さぁそして、和色を使い、こんなふうに手や足で木に葉っぱをつけて行きました。

DSC08197

春、夏、秋、冬、4本の木を、それぞれの和色を楽しみながら、遊びながら彩って行きます。

DSC08217

濃く青く茂った夏の木から、優しくそして鮮やかに色を変えてきた秋の木。

DSC08210

木には葉がないけれど、木に積もる雪景色や、春を目前にした空気感を表現した冬の木。

写真ではわかりにくいですが、色紙の雪が舞っているので、嬉しそうな表情の女の子です^^

DSC08227

外はとても暖かかったこの日ですが、絵の具はヒンヤリ。

木をつくっていく中で、絵の具の感触や肌の色が変わったりするのも楽しみながら、それぞれが思うようにゆったりと遊んでいました。

 

DSC08233

よく見てみると、夏の木にはクワガタがとまっていました。

みんなに渡した色紙は、ちぎって貼ってするだけでなくこんなのも作っていたんだね〜

DSC08236

ぬるぬると感触を楽しんでいるうちに紙が破れてしまった部分もありましたが、作品として残すことが目的ではないのでOKです。

DSC08241

終わりには、「え?壊しちゃうの?!嫌だ〜!」と言いながらも、楽しんで破壊した子がいたり

DSC08242

DSC08244

壊してしまうことにもう誰も不服はありませんでした(笑)

残すべきものは作品よりも、子どもたちの記憶の中に残るような経験だと考えています。

子どもたちはこの日、日本の伝統色の和色について知りました。

四季が移り変わる中で、木がどんなふうに変化して行くのかを絵本で観察し、四季の色を使ってそれを表現し、またその季節の中に生きる虫や植物なども思い起こし、かたちにしていました。

みんなまた1つ学んだね〜♪