お気軽にお問い合わせください!

絵本屋さんがある アートスクール

Arte colore

DEC

23

2015

保育園での活動

いろいろあっていい!

DSC03050
昨日は、もりの風保育園での活動でした。
対象は、年中〜年長児さん。
素材のトランスパレントペーパーを手に取ると、みんなツルツルで透き通った質感に興味深々。早速透かして見ようとしたり、ほっぺにあててスベスベ感を楽しんでいました。
DSC03058
細かくカットされた、三角や四角などのカタチの他、自分でビリビリと破いて好きなカタチにもできるよう、素材を用意しました。
このような貼り絵のような遊びは、初めての経験ではない子もいますが、トランスパレントペーパーを使うということもあり、子どもたちは新鮮な気持ちで作業に取り掛かってくれました。
IMG_1637
年中児さんは、のりに触れることも楽しみながら迷いなくどんどん貼って行くのですが、年長児さんは、どんなふうにしたらいいのだろう?と、考えている姿が意外にも多く、お花であったり、お家であったり、何かしらのもののかたちをつくろうとしていました。
けれど、今回はトランスパレントペーパーという素材を使っているので、ペーパーを光にかざし、透き通った時の色やカタチそのものの美しさを楽しもうという趣旨。かたちをつくる必要はありません。
DSC03047
ペーパーを光に透かして「キレイな色だね、こうやっておひさまを見たら、眩しくないでしょ」と見せると、そこからはのびのび、年長児さんたちも、1枚のペーパーの上にさまざまな世界観を広げて行ってくれました。
上の写真の6本の“線”を貼った子は、異なる色の“線”を重ねて貼り、色の変化だけでなく、どの色を下に貼るか、上に貼るかで、浮かび上がる模様のキレイさも違うのだと教えてくれました。
DSC03076
細かく細かくちぎってみたり、ゴーカイに貼り重ねて行ったり・・子どもたちはそれぞれの楽しみ方があり、面白かったです。
「失敗しちゃった」と言う子もいましたが、その子の中で、“こうしたかった”というものがあったのでしょう。
そのコダワリは捨てさせず、どうしようか、一緒に考えて、その子が納得できるところまで寄り添うのも、子どもたちと遊ぶ中での私たちの大切な役割です。
もりの風保育園のみなさま、ありがとうございました。